自由なライフスタイルをして過ごす生き方 - 正社員は未経験の私でも、月収20万円を安定して稼げるようになった方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由なライフスタイルをして過ごす生き方

フリーターとニートへの就職支援はどのようになっているのでしょうか?

アルバイトやフリーターのままでいる15~34歳の人数は近年は少なくなりつつあることが労働力調査で判明したと、総務省の発表がありました。経済動向が上向き、企業の業績もよくなってきたこともあって、最近は高卒や新卒の新規雇用者の採用枠を増やす企業が得ています。

また、国家単位でニートやフリーターへの就業支援も盛んに行われているようです。
1980年代後半のバブル直前頃にまで就職率は改善されており、正社員の人数は着実に増加していると共に働き手の中のフリーターの占める割合は減少しています。

政府が進めるフリーターおよびニートの減少に向けた就職支援対策が、功を奏している事も考えられるでしょう。

今では、正社員を希望しながらフリーターとなってしまうような若年層は減ってきています。
ただし、この調子で日本の景気がもっとよくなり、国家の就職支援が強化されればもっとフリーターが減るかというとそうではなく、フリーターは減りはしてもいなくなりはしないと考えられています。

それは、就職する若者達の考え方の変化のためであり、会社や国家とはまた別の問題です。
正規雇用につかなかった理由で最も主流なものは、『仕事の他にしたいことがあったから』、というものです。

つまり、正社員として働きたいけれど働けないのではなく、正社員にならずフリーターで居続ける道を自ら選び、自由なライフスタイルを築き上げている人が多いのです。求人側の問題をあげた人は最も少数でしたから、支援策もそれなりに対応して考えるべきではないでしょうか?

未経験でも、フリーランスや、ノマドワーカーと言われるワーキングスタイルがあります。
組織に縛られずに、時間や、場所を、自分である程度自由に設定できる仕事です。

近年、未経験でも、プログラマーのスキルを身につけて、独立されている方が大勢います。
どんなカリキュラムなのか?、いつ頃、仕事を始められるのか?など、下記の写真をクリックして確認してみてください。


スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。