ニートの人でも、希望を持とう! - 正社員は未経験の私でも、月収20万円を安定して稼げるようになった方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニートの人でも、希望を持とう!

十数年前にフリーターという言葉が生まれ現在まで使われていますが、近年ではそれとは別にニートと呼ばれる人たちもいます。
ニートは、就職や職業訓練などをしていない人を指し、イギリスで名づけられました。
ニートとフリーターは別のものとして区別されます。

正社員ではなくても、アルバイターやパートタイマーなどの何らかの形で仕事をしている人のことはニートとはいいません。
ニートはどのような仕事にもついていませんし、それでいて就職活動の類も行っていないという人たちです。
そのため、ニートという言葉を日本で用いる時は、いい意味があまり含まれていません。

就職する意欲を失った若者やひきこもりを指し、マイナスのイメージが強いのです。
近年、働きたがらずに就職活動もしない人達が多いようです。
日本国内では社会問題になるほど増えています。働く機会、働く意志、働く環境などが奪われているということなのかもしれません。

イギリスでニートという言葉を使う時は、働いていない人を広く指し示しているだけのようです。イギリスのニートはボランディアや育児に従事している人のことも指しますし、休職中や離職中の人も全てニートです。

日本で捉えられているほどマイナスのイメージは無いようです。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。